給湯器/エコジョーズ  -  エコジョーズ開発秘話 :

- ガスコンロのmarueガス器具ネット


給湯器/エコジョーズ  -  エコジョーズ開発秘話

リンナイ「新エコジョーズ」開発の軌跡

■軽量化の実現に向けて

従来のエコジョーズ給湯暖房機ではまず一人で施工はできません。
そこで、一人でも施工可能な重さ、今までの製品より10kg軽い35kgを目標に開発がスタート。さらに軽量化にあわせてコンパクト化の実現をめざしました。
何より、次世代型のコンデンシング給湯器として、インパクトのある製品にしたいという思いもありました。
そのためにまずはじめたのが、部品一つ一つの計量、何がどれぐらいの重さなのか、どうすれば軽量化することができるのか。必要な条件を割り出し、材料の選定など、ねじ一本一本をえらぶところから設計を見直しました。
その結果、基本的な性能や、耐久性能はそのままに部品構成を一新。34kg、高さ600mmを達成することができました。

■開発&生産技術の総力を結集
特に労力を要したのが、1次-2次熱交換器の軽量・コンパクト化、ポンプの小型化でした。
1次熱交換器では、燃焼技術と設計技術をあわせながら、何度も試験を重ねた結果、低騒音の維持と効率を確保しながら、コンパクト化に成功しました。
また、2次熱交換器の改良は生産技術部の努力の結晶です。これまで培った生産技術力で従来のビス留め箇所を溶接へ変えるなど高度な技術と耐久実験を繰り返し、構成する部品点数を極限まで減少させて計量化を実現しました。ふろポンプは、業界初となる小型の高性能DCポンプを採用し、暖房ポンプとともに大幅な軽量化とコンパクト化を達成することができました。
■外観一新もめざして
エコジョーズEシリーズは、これまでのエコジョーズとは一線を画した製品でありたい。
そんな思いから、軽量・コンパクト化に伴い、デザインのリニューアルも進めてきました。
外壁や窓枠、排気フードなど現在の住宅事情やトレンドの調査を重ねて、新しいカラーを採用しただけでなく、外観もすっきりとしたデザインを採用しました。
外観デザインの変更は、内部構造に影響するため、思いのほか困難な作業でもありました。
しかし、デザイナーによる挑戦が繰り返された結果、斬新なものに仕上がったと思います。
■自信をもって送り出したい
エコジョーズEシリーズの開発では、まったく新しい試みの連続だったため、社内各部の総力をあげて研究を重ね、これまで以上に厳しい試験を繰り返してきました。その結果、確かな品質と安定した性能を実現できたと思っています。
そんなエコジョーズEシリーズが、エコジョーズの新しいスタンダードとして、これから世の中に広く使われる事を願っています。



給湯器の交換工事費は無料見積もりをご依頼ください。
給湯器/エコジョーズの見積もり依頼はこちら


お問い合わせ0120-45-4004

エコジョーズ/給湯器 トップページへ戻る